ホーム在校生・保護者の方銀河の日記(ブログ)未分類 ≫ 日常の中の美しさ

日常の中の美しさ

2020.5.21 (木)

カテゴリー

 ある夕方,雲の間から差し込む光。どんよりと曇っても,その上には必ず太陽がある。曇った気持ちもいつか晴れて,温かい陽気な日を作ることができる。不安な世の中にも希望はあると言っているようです。

 

 学校の庭にはバラが咲いていました。幾重にも重なった軽やかな花びらが重厚さを生んでいます。

 色によってバラの花言葉は変わるんですよ!紫のバラは「誇り」「気品」「尊敬」です。

 日常に色を添えて,つい見とれてしまう小さなドレス。

 ピンクのバラは「しとやか」「上品」「感銘」です。

 

 日常のすぐそばに美しさはたくさんあります。みなさんも,色々な美しさを探してみてください!

上へ戻る