ホーム学校生活高等学校のご紹介

高等学校のご紹介

高等学校のご紹介

銀河学院高等学校の特長

高校1年 学び方・生き方の探求

基礎力の定着に努め、自己の進路目標の明確化に向けて取り組む1年間です。ここで、しっかりとした目標を持つことが、後半の大きなエネルギーとなります。授業・講習に本気で取り組み自分の得意教科の強化や不得意教科の克服にも力を入れましょう。年間計画にある講習や学年で計画される学習会・勉強合宿などに積極的に参加することも大切です。年間学習計画を立てながら、学ぶ機会を獲得していく実践力をつけていきましょう。

 高校2年 自己分析と自己改善

自己実現の具体化に向けての大切な1年です。関心のもてる大学・学部・学科をリストアップし、それに向けての各教科の学習目標を設定し、年間学習計画を立て、継続的な学習の積み上げをしていきます。特に時間のかかる国語・数学・英語を優先していくことも大切です。

文理選択による地歴・理科の選択科目は入試にも必要となります。センター試験を突破するには、まず授業中心の学習スタイルをつくり、授業で勝負していく意気込みが必要です。

 高校3年 自己実現の行動化

「希望のゴール」に向けて総仕上げの1年です。自分の希望校を決定し,より多くの情報を入手して前半でつけた基礎力を入試突破の得点力に発展させていく学習が必要です。

【文系】

国語・英語・地歴公民を中心としたカリキュラムですが、センター試験対策として数学演習・理科演習にも力を注ぎます。「国語表現」の授業では、小論文入試などに対応できる論理力・表現力・文章力を養成します。志望大学の入試科目を徹底的に学習し、実力アップを図ります。

【理系】

数学Ⅲ・数学Cに週8時間、理科に週7時間、合計で15時間理数教科の授業を受けることになります。また、国語・英語・地歴公民の授業ではセンター試験対策の演習に取り組みます。時間に追われる程、学習内容が充実しています。年間の学習計画をしっかりたててやり抜くことです。

 

 

上へ戻る